日本を、前へ。自民党青森県支部連合会
自民党の理念・新網領 組織・役員一覧 入党案内 機関紙・誌購読申込み
国会議員プロフィール 県会議員プロフィール リンク集 アクセス HOME
Liberal Democratic Party of Aomori
青森県支部連合会だより
シンボルマーク
AOMORI政治塾第六講座・卒塾式
AOMORI政治塾第六講座・卒塾式の様子
平成25年06月01日
 6月1日、党副幹事長 萩生田光一衆議院議員、県連政調会長 熊谷雄一県議を講師に、AOMORI政治塾第六講座を開催、はじめに、萩生田衆議院議員が「地方組織・地方議会議員のあるべき姿」をテーマに党改革や行政改革について具体的な提案を交えながら講演、続く熊谷県議は政治家を志した目的や、東日本大震災の経験などについて質疑応答を交えながら講演した。主な内容は下記のとおり。
 講演の後、卒塾式を開催、成田一憲筆頭副会長から塾生に対し修了証を授与、「新しい角度から、新しい力で頑張って欲しいと」祝辞を述べ、第一期AOMORI政治塾を終了した。
〇萩生田光一衆議院議員
講演テーマ:「地方組織・地方議会議員のあるべき姿」
講演要旨:私は地元の八王子で、PTAの会長も消防団の団長もやったことがなかったが、これから長くこの町で生活する人の代表として、一人くらいは20代がいてもいいのではないかと思い、周りの人が止めるのを振り切って市議に挑戦した。
 議員になってからは、同世代の目線でできることを心がけ、幼児の医療費無料条例や公園のブランコの下をカラーシートで舗装するということをやって、評価をいただいてきたと思う。
 なぜ自民党は下野したのかというと、国民目線とずれた所で政治をやってきたからではないか。自民党は朝から大きな目線での日本経済、金融を議論していたが、身近な中小企業の皆様の、あと100万円だけお金が借りることができればやっていける、そういう声を聞かずに金融の議論をしてきた。
 野党になって、大銀行や証券会社の話ではなく、日本中の選挙区で、私たちの仲間は地元に帰り、現場の声を聞き、この3年4ヶ月で自民党は大きく変わってきた。アベノミクスは、間違いなく3年前の自民党経済政策とは全く違い、頑張る皆様に対して追い風を送ることができると思う。
 地方分権が大きなテーマになっている。
 東日本大震災の時をみても、最後まで踏ん張って仕事をするのは公務員であり、その役割や志を変えていくことが、人数を減らすことよりも大切ではないか。
 民間に委託してやらせた方がいいものはたくさんあり、小学校の給食や警備員、用務員など、公務員である必要はないが、給食をつくる人が救急救命士の資格をもっていたり、警備員が実は柔道・剣道を教えられるとか、複数の役割を果たしてもいいのではないか。
 これからの地方自治体は、公務員の在り方を見直し、地方公務員の皆さんがかけがえのない存在になれるかどうか、これが大きなテーマになると思う。
〇熊谷雄一県議会議員
講演要旨:なぜ議員になるか、何の目的があるのか、ここが明確でないと挫折する可能性が高く、仮になったとしても、政治家になることが目的では、良い仕事ができない。議員になることでもう一つ必要なことは、家族の理解を得ることであり、選挙になると本人以上に、家族が頭を下げたり、お願いして歩かなければいけない。
 私は家業が漁業であり、政治がしっかりしないと伸びない産業だと思い、自分の手で再生させたいと思ったが、家族の理解を得られず断念、平成13年に八戸市議の補欠選挙が行われることになり、その時は誰にも相談せず出ると言い切った。本当に悩んだが、水産業界を良くするためこの世界に入った。
 東日本大震災では、青森の復旧は本当に早かったと思うが、その理由の一つには、政治力の強さがあったのではないか。
 次の朝10時には、三村知事が駆けつけてくれたし、午後になって大阪にいた大島代議士が来て「被災した人、企業の方に、これで商売をやめなければいけないと言わせるな、それが君の仕事だ」と言われ、被災した水産加工場を救うため、行政で4分の3は補助するとその場で決めた。被災した船舶の補助も、農水省・経産省などに掛け合い、3月末には制度ができあがっていた。
 野党であったかもしれないが、今まで自民党が積み重ねてきた経験によって、早期の復旧ができたと思う。震災の復興は議員をやっている間の永遠の課題だと思っている。しっかりと取り組んでいきたい。
 今、県議会では議会基本条例というものが出されるが、議会改革で一番必要なのは議員の意識改革ではないか。
 改革はあくまでも手段であり、目的は県民のために良い議会にしていくこと、政治主導のためには、議員一人ひとりが勉強していかなければならない。
【卒塾式での成田一憲筆頭副会長による祝辞】
一覧へ戻る
copyright (c) 2004 the Liberal Democratic Party of Aomori. All rights reserved.
自民党青森県支部連合会